血圧を下げるには玉ねぎが効果的?

tamanegi1

食べ物で血圧を下げる方法としては、玉ねぎを食べるのもいいと思います。

玉ねぎには、血液をサラサラにする効果もあるので、高血圧の他にも動脈硬化やガンを予防したり、脂肪燃焼効果を期待できると言われていますね。

高血圧では、血液サラサラ効果で、血流が改善させます。

血流が良くなれば、血圧も下がるというわけですね。

具体的には、玉ねぎには、硫化アリル、ケルセチン、グルタチオンなどの成分があるのですが、高血圧には、硫化アリルが良いと言われています。

玉ねぎをみじん切りにした時に目が痛くなるのですが、これが硫化アリルの成分になります。

では、どのぐらいの量の玉ねぎを食べれいいのか?

これは、1日に中サイズの玉ねぎ1/4個程度の量でいいようです。

ですので、この量であれば、無理なく食べられます。

そして、食べ方としては、いくつかあるのですが、お勧めなのが、生のスライス玉ねぎです。

ちなみに、硫化アリルを最大限に引き出す場合、玉ねぎをスライスしたから15分間そのまま放置するのが良いと言われています。

それと、よくスライスした玉ねぎを水にさらす方がいますが、それはやってはいけません。

水にさらすことで、硫化アリルが流れてしまうので効果が弱くなります。

ですので、水にさらさず、そのまま放置します。

玉ねぎの場合、他にも味噌汁に入れてもいいですし、カレーでもいいですし、肉じゃがとか煮物など、色んな料理で使うことできるので、飽きることはないと思います。

より効果を高めるためには、酢玉ねぎで食べるのもいいでしょう。

カットした玉ねぎにお酢とはちみつを入れて、一晩置けば酢玉ねぎの完成です。

これを食事の時に一緒に食べる習慣をつけると高血圧対策になりますので、血圧が心配な方や自分の健康を考えている人は、試してみてはいかがでしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中