アルコールの飲み過ぎに注意しよう!

alcohol2

高血圧が心配なら、アルコールの飲み過ぎには注意した方がいいでしょう。

なぜなら、高血圧の原因には、アルコールの過剰摂取があるからです。

ビールや焼酎、ウイスキー、ワインなど色々なお酒がありますが、飲み過ぎてしまと慢性的な高血圧になる可能性があります。

アルコールの場合、たしなむ程度であれば、むしろ健康に良いことはわかっているのですが、飲み過ぎてしまえば健康を阻害します。

例えば、肝臓を悪くしたり、生活習慣病を患ったりしますので、なるべく飲む量を控えることが大切です。

具体的には、以下の量を目安に飲むといいと思います。

ビールであれば、中瓶1本 500ml

日本酒であれば、1合 180ml

焼酎であれば、0.6号 110ml

ワインであれば、1/4本 約180ml

血圧が気になる方は、この量を目安に飲むようにしましょう。

いつも飲み過ぎてしまうと言う人は、断酒をするのも一つの方法です。

断酒をすることで得られるメリットは大きいです。

アルコールを止めれば、血圧も下がる可能性はありますし、飲まない分、お金も貯まりますからね。

それに、飲まなければそれだけカロリーを摂らなくて済むので、ダイエットにもなります。

断酒は、無理と言う人は、禁酒日を増やすところから始めてみるのもいいでしょう。

出来れば、週に2~3日は禁酒日を作ってみてください。

また、どうしても、飲みたいと言う人は、炭酸水を飲むのもいいでしょう。

炭酸のシュワシュワがビールに似ているので、それで我慢できれば、案外ラクに断酒することができます。

アルコールで血圧が高くなると、なかなか改善するのは難しいと言います。

将来、健康でいられるためにも、飲み過ぎは、気をつけなければいけません。

血圧を下げたい方は、今後、どのようにアルコールと付き合っていくのか考えるようにしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中